忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[1]  [2

MV:色々準備期間


 いろいろあれやったりこれやったり準備しております。
 まずは告知。
 
 来年の1月中頃に作品をひとつ公開できそうです。
 ゲームではなくて、読み物なのですが。
 場合によってはそれだけにとどまらない、
 面白い企画となると思うので期待しててくださいね!
 
 この間までMVで作ってたゲームは、
 順番的にはその後になります。
 うーん、待ち遠しい!わたしが!
 
 
 --
 今日のお題:シリーズ化
 
 作品のシリーズについてふわふわと考えているのですが。
 同じキャラが続編や外伝で登場したり、
 同じ世界観楽しめたりするととってもうれしいですよね。
 また、会えた。みたいな。
 
 ただ、作る側としてはとてもむずかしいと思ってて。
 続編作成を前提として作っていれば別ですが、
 そうでなければ1作品で完結させるていで作っているので、
 なかなかその先って、作るの難しいのですよね。
 特に怖いのが、無理やりキャラクターや世界観を伸び広げることで、
 なんだか陳腐になってしまう、というもの。
 
 そんな理由もあって、わたしは続編制作には
 消極的なタイプでした。
 
 でも、それでいいのかなって、最近思います。
 わたしは、個人のフリーゲームのように
 公式供給力の弱い創作物にとって重要なのが、
 作品を、プレイしてくれた人に差し上げることだと思っています。
 わたしの作品をありがたがれ、っていう一方向の矢印じゃなくて、
 キャラを、その後を関係性を、自由に想像してもらう。
 まるでそのファンの方のキャラのように、
 自由に二次創作してもらう。
 どんな妄想もばっちこい。
 そんな、多方向の、矢印を持てたら素敵だよなあと思います。
 
 そういうことができた作品は、
 作者の手を離れて、無限の広がりをもつなあ・・・と思いました。
 
 で、シリーズ化の話に戻るのですけど、
 シリーズじゃない単発のキャラの妄想をしたり、
 二次創作をしたりしても、わかってくれる人が少なすぎて
 面白くないのですよね。あまりに寂しい。
 そういったときに、シリーズ化されてれば、
 あのキャラかー!ってわかる。
 もちろん作品の認知度もすごく重要になってくると思いますけど。
 
 そういう、プレイした人にとって
 親しみやすい、使いやすい存在ということで
 作品のシリーズ化って結構重要だよな・・・って思うようになりました。
 もともとが苦手なタイプですのですぐに試す、
 というわけにはいきませんが、
 一回くらい挑戦してみたいな、って思います。
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 やあやあいつもありがとうございます。
 サンタえ・・・  ・・・!?誰!?
 名前に今気づきました。笑っちゃったじゃない。
 
 ツール。
 できることの幅が広がってくると、いろいろ試したくなりますよね。
 ただ、作業に使える時間は限られてるから、
 なんでもやる、というわけには行かなくて。
 悩ましいところですよね・・・
 規模の大きい作品だとまた違うのでしょうけど、
 わたしは作品作りは試合と練習に分けて考えるといいかなって思ってて。
 一度作品作り出したら、そこはもう試合会場。
 今の持ちうる技術・やり方で脇目も振らず作る、みたいな。
 多少イマイチだなと思うところがあっても、
 今は作る。技術向上は、終わってから考える、みたいな。
 まあそれも、人によっていろんなスタイルがあっていいと思うので、
 自分だったらこうする、って言うのを
 いろんな人から聞いてみたいです。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 今作は主人公がしゃべりません。
 その代わり、脇役たちがしゃべくります。ぺちゃくちゃ、ぺちゃくちゃ。

拍手[4回]

PR

MV:一通り、一通り完?


 マップの見直しして、敵の配置も一通り終わりました。
 
 ストーリー見直しも終わってて、
 BGMの設定とかもできてる。
 間の取り方とか、演出部分も大丈夫。
 お・・・?これは完成では・・・?
 
 まだ、もうちょうっと。
 あと、バランスの部分が残っています。
 敵の攻撃の強さ決めたり、
 何回くらいで倒せるか決めたりしたりします。
 そこそこ大変な作業。ちょっと調整がいるので、
 先に別のことをやってしまおうかなと思います。
 
 
 --
 今日のお題:練習
 
 やべえ、特にネタがないわ。
 えーとですね、今作ってるのと全然関係ないのですけど
 最近ふと思ったことでも書き留めておきます。
 
 この間キャラ絵を描いてて思ったのですけど、
 改めて、キャラを描くのは楽しいなあと。
 いろんな表情、ポーズ。
 別のキャラとの関係性。
 そういうの描き出そうとするとほんとに際限ないな、と。
 
 で、キャラ描くだけで満足しちゃって、
 背景とかロゴとか手抜きで描いてしまう。

 これって結構危険な楽しさだなって。
 そんなことを思いました。
 楽しいんで達成感はあるのですけど、
 背景などは描いてないので一切成長しない。
 キャラ絵だけだって奥が深いから、
 ちゃんとポーズや服装、表情や塗り方に意識を払えば
 いくらでもうまくなる可能性を秘めてるはずで、
 そう意識していればいいけど、
 なんとなくおんなじようなものばかりを描いていては
 練習にならないな、と思いました。
 
 これは絵以外の創作にも言えるよなあと思います。
 なんとなく作るんじゃなく、自分が、どうなりたいのか。
 この苦手部分をうまくなりたいのか。
 この尖った部分をもっと極めたいのか。
 そんなイメージを持ちつつ作れたら素敵だなって思います。
 
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 アクション。
 やっておりましたよ。
 どれもまあ味見程度の挑戦なのですけど、
 いつもおんなじじゃなくて、いろんなことやってみたいですよね。
 その挑戦の中で、今まで知らなかった、
 自分の好みや特性を見つけられるかもしれない。
 そんなのも楽しみにしながら、作っています。
 
  
 --
 今日の一枚
 
 
 みんな大好き、穴とかはしごとか。
 え? 別に好きでもない?
 まあまあそう言わず。
 高低差のあるマップって楽しいですよね。

拍手[3回]

ストーリー部2周目


 作るよ作るよどこまでも。
 ひとまず、OPからEDまで一連の流れができました。
 
 そして最初から見直します。
 
 ぐあ、cocotoriさんそれは流れができたとは言わないのでは。
 とか思わんでもないのですけど、
 1から作るのと、ある程度形がある状態で見直すのは
 だいぶ違うと思っています。
 
 
 --
 今日のお題:ストーリー部2周目
 
 今回作ってて特に思ったのが、
 キャラクターの性格や特性って、
 一通り最後まで作って初めて把握てきてくるなあと。
 その状態で見直すと、いや、ここでこの子はこういうこと言わないでしょとか、
 ここで、ぜひ、こんなことやらせてあげたい!
 って思いつくヒントになります。
 もちろんこれは人によると思ってて、
 しっかりプロット練ってキャラクターシートとか作る方は
 また違うでしょうし。
 
 わたしは、事前にはそれほど用意しなくて
 ざかざか作り始めちゃう方なんですけど、
 その分、後々の見直しが必要なのかなって思っています。
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 風邪。
 いえいえ、人間だれでも引くものですしね。
 決して、えあさんに落ち度があるわけじゃないと思っています。
 おいたわりの言葉もありがとうございます。
 わたしは今のところ大丈夫ですが、油断しないように気をつけます。
 
 一人会話。
 ゲームなので、やっぱりプレイヤーに参加してもらいたくて。
 なんかそういうふうに感じてもらえる工夫を考えてみたいですよね。
 
 三時間ゲー、いちよ前回までの公式リンクをはっときますね。
 ------------------
 3時間ゲ制!
 ------------------
 お時間あるときに、どうぞ。
 
 
 >焼き肉さん
 こんにちは!
 爆弾サーガ、プレイありがとうございます!
 哲学的な話に触れていただき、感無量です・・・!
 うそ。めっちゃおふざけゲームに
 お付き合いいただき嬉しいです♪
 やっぱりやってくださる方がいるのってうれしいですね・・・
 ゲーム作ってよかった。
 
 あっバグ報告ありがとうございます!!
 ゲーム的に全く必要のない機能なのに、
 追加しといてバグってるとかアホだわわたし。
 
 焼き肉さんも新作作られたご様子。
 まずは完成おめでとうございます。
 時間作って、必ず遊ばせてもらいます・・・!
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 横スクロールアクションなので、おとしあーながあります。
 ぐあー足を滑らして真っ逆さまーー

拍手[1回]

MV:イベントは終盤


 なんとか作っています。
 他の方のゲームを遊ばせてもらったり、
 テストプレイさせてもらったりしておりました。
 微妙に手が回ってなくて、ヤバい!
 作ります。
 
 一応、イベントの作り込みとしてはだいぶ終盤です。
 ただ今回は挑戦していることが多くて、
 その辺の見直しにだいぶ時間が掛かりそうです。
 具体的には横スクロールマップ、喋らない系主人公。
 どちらも作ったことがないので、
 いろいろ試しながらやりたいと思います。
 
 あと、お祝いごとが一つ。
 俺たちのギャルゲが、500DLいったそうです!
 めでたい!嬉しい!夏!
 
 ----------------------------------------------------------------
 俺たちのギャルゲ | ノベルゲームコレクション
 ----------------------------------------------------------------
 
 ブラウザでもできるタイプのゲームで、
 DLだけでもこれほどいってくれたのが
 とてもうれしいです。
 これも、優秀なメンバーの方、遊んでくれた、
 宣伝に力を貸してくれたみなさんのおかげかなと思っています。
 なんかお祝いイベントしたいな・・・
 
 
 --
 今日のお題:主人公喋らない系のイベント
 
 最近テストプレイさせてもらったゲームも主人公喋らない系で、
 あ、会話の作り方うまいなと思ったことがあったので
 そういうのを書きつつ。
 
 主人公が喋るかしゃべらないかって別ジャンルってくらい
 作り方違うと思うので、語りだすとキリがないのですが、
 ひとまず会話文について。
 
 基本NPCだけが一人で語りだすことになると思うのですけど、
 単なる独り言に聞こえてしまっては寂しいですよね。
 イメージとしては、主人公の声はプレイヤーには聞こえないけど、
 ちゃんと喋ってる、を意識するといいのかなと感じました。
 
 例えば、会話に、相槌を入れる。
 会話としてはテンポが悪くなるけど、
 ああ、そこで主人公が何か言ったんだ、って
 なんとなくイメージできる。
 
 例えば・・・
 「今日はこの山を攻略しに行こう」
 「えっ? こんな険しい山無理だって?」
 「はっはっは。大丈夫。一人ならいざしらず、
  このわたしがついているのだよ? 大船に乗ったつもりでいたまえ」

 とか。これが、
 
 「今日はこの山を攻略しに行こう。
  険しい山だが大丈夫、
  わたしがついている。大船に乗ったつもりでいたまえ」
 
 だと、なんとなく主人公無視して一人で話してる感が出るかなあと思います。
 時と場合によるでしょうが。
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 3時間ゲー、遊んでくれてありがとうございます!
 最初、いろいろ入れ込もうと思ってたのですけど、無理でした!
 
 他の方の作品では、ほりんさんのゲームが
 毎回、3時間ゲーのお手本みたいな完成度で凄まじいのでおすすめ。
 ぜひプレイしてみてください。
 
 削ぎ落としの話。
 参考になればなによりです。
 ただ、それとは逆に、
 「どちらを入れるか迷うくらいなら両方入れてしまう」
 ってのも正義だと思うんですよね。
 そうやって悩むものはきっと自分の好きなものだから、
 多少ごちゃごちゃしてしまったところで、
 不思議と魅力あるものができると思っています。
 制作って唯一の正解はないと思うから、
 いろんな作り方をしてみたいです。
 
 最近えあさん体調思わしくないようで、おいたわしいです。
 いろいろそうも言ってられないこともあるでしょうが、
 どうかお体には気をつけて。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 お約束の薬草お使い。
 世の中の薬草は、数あるRPGによって狩りつくされてしまったのだ・・・!

拍手[4回]

MV:マップづくり


 ちょこちょこ作っています。
 マップなどを少しずつ。
 
 いろいろ慣れないので手間取っとりますが、
 ぼちぼちやってます。
 
 
 今日のお題:物語の時系列的な
 
 時系列についていろいろ考えてるのですけど、
 現実の世界は当然過去から未来へ進むけど、
 創作ならばそれが飛んだり逆転したりしてもいいわけですよね。
 
 その辺も意識していくと面白いものが作れるかなと思いました。
 意図的に一部分のエピソードを飛ばして、
 後からミッシングリンク的に明かすとか。
 
 ハイライトを先に持ってくるとか。
 特にゲームは、操作できる、ゲーム部分に早く触れてもらいたいから、
 その部分を早めに持ってくる構成にしたいなあとか考えています。
 

 拍手へのお返事

 >Eさん
 MVはツールとしての機能アップもさることながら、
 今まで以上に運営さんからの熱意を感じます。
 なんとかこの波に乗っていけたらな、と思います。
 
 そして、そうです、
 cocotoriはなんか作り始めたのです!
 大して報告できることもないかもしれませんので、
 なんか作ってるって言ってたなくらいの感じで、
 頭の片隅にでもおいといてもらえればと思います。
 完成をお待ち下さいませ!
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 イベントーー。今回は、横スクロールに近いマップです。
 ヴァルキリープロファイルみたいな。
 あんまりやったことがないので、資料見ながら作らないとな。

拍手[3回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne