忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265

エレメン11章:導入部終了

最初の、ちょっとした説明を終えて
 プレイヤーが動かせるところに入ります。
 といっても、また別の陣営の動きをイベントでやらなくてはならないのですけど。
 どうしても見るゲームに近づいてしましますね。
 いろんな要素を入れて、退屈にならないようにはしたいなと思います。
 
 
 --
 今日のお題:間口の広さ
 
 まだ掴みきってない話なのですけど。
 創作において間口の広さって重要だなって思います。
 どういうことかと言うと、ストーリーや戦闘、音楽など、
 どれかだけ力を入れるんじゃなくてそれぞれそれなりにこだわって、
 好きになれる要素がいくつもあるゲームは強い、と思うということ。
 
 ストーリー重視だから戦闘はどうでもいい、という作りでは、
 戦闘を楽しみたい人は見放すと思います。
 逆もそう。
 どっちもちゃんとこだわって入れることで、
 戦闘を期待してプレイしたけど、このゲームの戦闘はまあ普通、
 でも、ストーリーが面白いから続けてみようかな、って
 こともありうるんじゃないかなって思います。
 
 で、じゃあ八方美人になんでも入れればいいかって言うと
 そうではなくて。
 やっぱり個人で作っている以上、限界があると思います。
 そういう場合は、ばっさりその要素を切っちゃう。
 最初から、戦闘ありません、と言っておく。
 中途半端に、戦闘はあるけど力が入ってないとかだと
 プレイヤーさんは結構簡単に見破るぞ、と感じています。
 
 ともかく、いろんな要素を入れるためには
 いろんなことに興味を持って、自分が好きなることが第一かなと思います。
 精進、精進です。
 
 
 拍手へのお返事
 >Eさん
 
 着実に見えますか。自分ではあまり実感ないのですけど、
 そう見えたのならうれしいです。
 そして、こちらからはえあさんの挑戦ぶりが
 すごくかっこよく見えます。
 ほんと、ほんとですよ。
 この世にないゲーム作ってるんですもん。
 野望や夢を持ちたいですよね。
 
 マップへの意見もありがとうございます。
 これ、ツクールXPのデフォルトの素材なのですけど綺麗でしょ。
 XPってすぐに次のツクール出たからか、あまり出回ってない気がします。
 素材の感じがすごく好きなので、わたしが広めていきますよ。
 
 --
 今日の一枚
 
  
 個人的に大事だと思っている、登場人物の疑問。
 作者は全部わかって作ってるから忘れがちだけど、
 何を知っていて何を知らないか表現することで、
 人間らしいキャラクター性が出てくるんじゃないかなって思ってます。

拍手[3回]

PR

もどかしさ
プレイヤーはわかってるけど、ゲーム内キャラはわかってないというのは、なかなか使える手法ですね。
「違うよ。そこはあれなんだから、そうじゃないんだよ。でも、こいつはあのことを知らないから仕方ないのか……。畜生、あいつが伝えていれば」なんていうもどかしさ。
そういうの好きです。
Re:もどかしさ
 そう、それ!その感情!
 プレイヤーさんのゲームの立ち位置って、
 わたしのゲームみたいに主役が喋るタイプでも、
 単なる観客じゃないと思ってます。もっと主人公に近い側。
 主人公の隣で、ああもう、こいつはそんなことも知らないで、
 ってもどかしさを感じてもらえたら嬉しいなと思います。
【 管理人cocotori 2015/10/23 20:45】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne