忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2

素材編集

 今回はイベント。ではなく、その前段階の画像素材の編集をやっていました。

 イベントを作るには、キャラクターが会話したりする必要があるわけだから、そのキャラ画像が必要になります。
 ありがたいことに無料で素材を提供してくださる方々がいるので、早速利用させてもらいます。
 とは言え、使うツールに最適化された素材とは限らないので多少の手直しをしなければなりません。
 (作者様が改変を許可している場合に限り!)

 IRM3は256色までしか使えないので、フルカラーの素材だと減色しなければなりません。
 特に気をつけないといけないのが、透明色の扱い。フルカラーのpngは不透明度の選択ができて、なめらかな絵にできるのですが、256色だと(というか、gifだと)透明色が1色指定できるだけ。
 何も考えずにただ減色すると、絵の端に白いギザギザが混じってしまいがちです。

 そこで、あらかじめフルカラーのうちに不透明部分をなくして、減色したときに大きく画像が劣化しないように、わたしは加工しています。

 ツクールを使っていて便利だなって思うのは、素材が最初から沢山用意してあること。もちろんその内に他の素材が欲しくなるわけだけど、とりあえずの取っ掛かりにこんなことを考えなくてもすむ、というのは大きなメリットだと思います。

 なんか講座みたいな日記になりましたが、何の信ぴょう性もないのであしからず。

 blog07.jpg
 アルファ値を下げる!全部0にしてしまう! 素材はエトリエさんのものをお借りしています。

拍手[0回]

PR

減色
私も2000でツクってた頃は画像の編集とかしてました。懐かしい。VXはフルカラーで大丈夫なので。

私の場合、画像の減色はPadieを使ってました。
BMP形式の画像を指定した数値の色の画像(PNGかBMPか選択可)に変換できるソフトです。
複数の画像をまとめて処理したりできるので、使用に慣れると結構楽チンですよ。
Re:減色
 そう、そういうコメントが欲しかったのです!
 他の人がどうやって製作してるかって、気になりますよね。使い勝手が良いツールとか、一人じゃ探すのも大変ですから、そういうの教えてもらえるのはとっても嬉しいです。
 Padie、使ってみますね!
【 管理人cocotori 2012/05/24 20:36】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne