忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

フリゲ展 感想3

ひとまず固定記事。
 フリゲ展開催されております。
 わたしの作品も公開されていますので、引き続きよろしくお願いします。
 
 ------------------------------
 フリゲ展! the FINAL夏
 ------------------------------
 
 ------------------------------
 「デッドラインのその先で」紹介ページ
 ------------------------------
 
 早いもので、フリゲ展も来週には閉幕の予定です。
 まだの方は、ぜひ遊んでみてくださいね。
 
 
 --
 今日のお題:フリゲ展感想3
 
 今週もフリゲ展の感想を載せていきます。
 
 
 「おばけNo. 6 勇限会社 勇社」
 RPGと、シューティングと、ブロック崩しの要素を組み合わせた感じのゲーム。
 センスを感じます。
 装備によって攻撃方法が大きく変わるので、いろいろ試すのが面白いです。
 
 世界観も独特で、主人公たちは勇者ではなく、勇社。
 あくまでビジネスで魔物を倒します。
 当然敵もビジネス。
 戦う前には名刺交換。
 その辺りがおかしくて、でも全然ふざけてなくて面白かったです。
 
 戦いのイベントの作り方も非常に好みでした。
 敵の罠にハマって危うし!それを、策を使って鮮やかに逆転。
 通常なら感情面で押し通してしまう展開も、あくまでロジカルに。
 
 
 「全部No. 28 空と白おばけ」
 色のない世界で、そこの住人のお話を聞いて、
 自分を取り戻すお話中心のゲーム。
 そのひとつひとつのエピソードがとても切なくて。
 すごく感じたのは、ああ、彼らは生きているんだなあ、と。
 空想の存在じゃない。ただの小話じゃない。
 生きた、人間(と、一匹)の人生なんだなあって思えました。
 彼らの生き様は主人公とは直接の関係は無いから、
 普通だと無関係じゃん、ってさめた気分になってしまうのですが、
 そうはならなかったのも印象的でした。
 むしろ、彼らも含めて主人公だったのかもしれない。そう思えました。
 
 BGMもあわせて、終始穏やかで落ち着いた雰囲気だったのが
 とても心に残りました。
 
 途中に入る挿絵や、小道具の使い方。とても素敵で、参考にしたくなります。
 羽の生えたおばけ、鳥のヘアピン。そこだけが色を持った、美しい青い空。
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 感想いただけるの本当に嬉しいです。
 嬉しさとともに、本当に恵まれてるなあって思います。
 いつもプレイヤーさんを震わせたいと思ってるので、
 感性に訴える作品と言ってもらえると
 よかったなあって思えます!
 
 ドリゲ、
 ノベル風の部分もあるのですね。
 やっぱりRPG風の会話と作り方が変わってくるから、難しいですよね。
 最近だとティラノゲームフェスの作品などで、
 参考になるのがあればいいのですけど。
 いずれにしても、無理なく、楽しく制作を楽しんでくださいね!
 お手伝いにかぎらず、できることは協力しますので。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 フリゲ展、皆さんからのファンイラストも
 魅力のひとつって知ってましたか?
 今回もたくさんのイラストが集まっています。
 
 すでに遊んだゲームのイラストを見てニヤニヤするのもよし、
 遊んでないけどイラストを見て、面白そうだって興味を持ってもよし。
 
 デッドラインも何枚か描いて頂いて感激です。
 リンクですみませんが、ぜひ見てね。
 
 ---------------------------------------
 フリゲ展夏イラストギャラリー
 ---------------------------------------

拍手[3回]

PR

フリゲ展 感想2

ひとまず固定記事。
 フリゲ展開催されております。
 わたしの作品も公開されていますので、引き続きよろしくお願いします。
 
 ------------------------------
 フリゲ展! the FINAL夏
 ------------------------------
 
 ------------------------------
 「デッドラインのその先で」紹介ページ
 ------------------------------
 
 
 --
 今日のお題:フリゲ展感想2
 
 今週もフリゲ展の感想を載せていきます。
 
 
 「太陽No. 7 Ano Lune Soleil - アノ・リュンヌ・ソレイユ -」
 戦闘システムが洗練されてて、少ないアイテムなどを
 どうやって割り振って行くかに頭を使います。
 一ステージごとアイテムもリセットされるので、使い切りの、
 パズルに近い感じ。
 戦闘で全滅してもすぐやり直せたり、戦う前に戻って
 体制整えたりが出来たりして、かなり遊びやすさに気配りされてる印象です。
 
 青白い透き通ったようなマップも独特の雰囲気があってよいです。
 お話の雰囲気も素敵です。
 決して甘くはなく、どきりとする内容。
 ループものが好きな方におすすめ。
 
 
 「スイカNo. 11 決戦!卒業前夜 -remake-」
 ハジけてます。
 ボス以外の敵はスイカをぶん投げる事でふっとばす事ができて、
 とっても楽ちん。経験値も入ります。
 その攻撃がかなり爽快で、何もかも破壊したくなります。
 
 スイッチ押したりの演出ひとつひとつがすごく大げさで、
 それがまたいいです。
 派手すぎる演出って、どうしてももたつきがちだけど、
 これはそんなこと無くてスピード感も保ったままなのがすごかったです。
 
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 デラ先!略してもらって大丈夫です。
 遊んでもらった方に愛称つけてもらえるのって嬉しいですね・・・
 
 お褒めの言葉嬉しいです。
 現代もの。
 現代ものは身近で自分自身と重ね合わせやすいから、
 ちょっとのズレでプレイヤーさんの没入度を下げてしまったりして
 難しいですよね。
 でも才能あるかもと言ってくれて嬉しいです。
 また何か作りたいなあと思ってます!
 
 お手伝いの話、現状教えてくれてありがとうございます。
 プレッシャーかける気はないので
 やりやすいペースで作業してくださいね!
 また、時間がたつと状況とかも変わると思うので、
 お気軽に相談してくださいね。
 (頼むことが増えた・減った等)

拍手[2回]

フリゲ展 感想1

フリゲ展開催されております。
わたしの作品も公開されていますので、引き続きよろしくお願いします。
 
 ------------------------------
 フリゲ展! the FINAL夏
 ------------------------------
 
 ------------------------------
 「デッドラインのその先で」紹介ページ
 ------------------------------
 
 
 --
 今日のお題:フリゲ展感想1
 
 さて、最近はフリゲ展のゲームで遊んでしかいないので
 進捗なくて書くことが無いのですが。
 だったら感想かけばいいじゃーんということで、
 遊ばせてもらって特に好きだったものを書いていきたいと思います。
 
 
 「夏休みNo. 8 少年旗戦エンボイズ」
 出来損ないという触れ込みの少年を、ひと夏の間で
 育成して立派な軍人にしよう、というゲーム。
 一日に割り当てられたキャパをうまく使って、
 少しずつパラメータを成長させていきます。
 無茶をさせすぎるとダウンしてしまうので気をつけながら。
 
 この手のシステムのゲームはそこまで得意ではないのですけど、
 ストーリーイベントがかなりこまめに入るので、
 気持ちを切らずに最後まで遊ぶことが出来ました。
 
 なぜ、育成対象の少年ユウトは「捨て駒にしかなれない」と言われているのか?
 なぜ、教官であるメイサは卑劣な上官を内心軽蔑しつつも、従うのか?
 
 そういったものが丁寧に描かれて、何というか心震えます。
 何が上手かって、キャラクターの未熟な部分の表現が
 抜群に上手だと思いました。
 ストーリー性のあるゲームでプレイヤーは第三者目線になることが多いけど、
 その目線だとキャラがヘマをしたりすると何でそれを失敗するの、
 ってイライラする事があるんじゃないかなって思います。
 かと言って、何でもできる超人で描くと嘘っぽくなってしまう。
 その部分が丁寧に描かれているため、未熟な部分のあるキャラなのに、
 全然イライラしなくて、すっと納得・共感出来たのがすごいなと思いました。
 
 
 「夏休みNo. 9  終わり逝く星のクドリャフカ」
 舞台は大戦争の後の荒廃とした世界。
 ロボットの主人公と片腕が機械のおじさんの物語。
 二人は昔からの知り合いのようですが、ロボットの少年は
 何かを諦めたかのような冷めた態度を取り続けます。
 それは一体なぜなのか・・・
 
 物語が断片的に少しずつ明らかになっていく様が綺麗で、儚い物語でした。
 BGMも全体的に静かで、でもどこか明るさを感じさせる曲が選ばれていて、
 素敵な雰囲気。
 
 戦闘が結構難し目で面白かったです。
 APを使って強力な技を出すのですが、戦闘開始時は0。
 ターンごとに貯めます。
 じっくり貯めるのか、それともさっさと攻撃か。
 しかも、敵も同じルールで動きます。
 その辺の選択が面白くて、頭を使いました。
 
 ロボットの少年の苦悩、葛藤がとても心に響きました。
 人を守るために存在する自分、
 それでも別け隔てなく扱ってくれようとする人の存在。
 そんな中で、彼はどうやって生きていくのか、
 色々想像したくなります。
 
 
 --
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 一番に遊んでくれてありがとうございます!
 今回数名とはいえ、わりと早い段階で
 わたしのゲームを選んでくれた方がいて、
 ほんとに感謝の気持ちしかないです。
 ほんとうにプレイヤーさんに支えられてるなあって思います。
 
 イラストほめてくれてありがとうございます!
 まだまだ見せ方とかよくわかってないですけど、
 これからも色々挑戦してみたいと思います。
 
 
 >ななしさん
 プレイありがとうございます!
 泣いた!最高の褒め言葉です!
 わたしの震えがプレイヤーさんに伝搬したのなら、
 こんな嬉しいことはないです。
 
 自分の経験や感情を思い出すような・・・!
 それって素敵です。
 その体験自体はプレイヤーさんのものだけど、
 わたしや別の人のゲームを通して、それを追体験できるのなら、
 ゲームってのはなんだかものすごいパワーを
 持っているのかもしれませんね!
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 フリゲ展は、他の方のゲームのイラストも描きたいなあ。

拍手[2回]

obake:フリゲ展始まりました。

フリゲ展、始まりましたよ。
 なんということでしょう。お祭りです。
 わたしの、「デッドラインのその先で」も、ちゃんと載ってる。
 夢か。夢じゃないよね・・・!?
 
 ------------------------------
 フリゲ展! the FINAL夏
 ------------------------------
 
 開催時期は8/14~9/25の予定。
 ただ、何か審査とかがあるわけではないので、
 閉幕後もダウンロードできると思います。
 
 今回は夏にちなんだゲームを集めてみましたーっ
 って趣旨の、お祭り。
 それぞれテーマが何となく決まっていて、
 スイカ、太陽、おばけ、水着、台風、夏休み。
 このどれかが入ってるので、それを探してみるのも面白いかも。
 
 ちなみにデッドラインは、おばけをテーマにしています。
 
 
 --
 今日のお題:ゲームの紹介
 
 ストーリー:
 男、橘 喜一郎。彼は交通事故で唐突に命を失ってしまう。 一人娘を残して。
 無念のなせる技か、彼は幽霊となって現世に舞い戻ることに成功した。
 
 ただし、残された時間は1日。
 
 果たして彼は、娘を救えるのか。彼の魂に救いはあるのか。
 初夏のある1日の、物語。家族の物語。
  
 
 ゲームのポイント:
 キャラを操作してシナリオを進めていく、お話中心のゲームです。
 要所で表の世界・裏の世界を行ったり来たりしながら目的地にたどり着く、
 簡単なパズルゲームがあります。
 ゲームオーバも特にありません。
 お話好きな方、難しいゲームが苦手な方におすすめです。
 ・プレイ時間40~60分程度。
 ・戦闘、ゲームオーバありません。
 ・幽霊に話しかけて協力を得ましょう。みんな気のいいやつ。
 ・ギャグがかなり多いです。でも、それと同じくらいは真面目なところも。
 ・難易度はあってないようなレベル。簡単。
 ・イラスト、結構自作したので見てね。
 ・ゲーム性は全然高くありませんが、ストーリーはしっかりめに製作してあります。
 
 スクリーンショット:
  
  
  
  
  
  
 
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 お祝い、ありがとうございます。
 結構ギリギリでしたね・・・!わたしもドキドキでした・・・!
 でも無事に完成出来てよかった。
 
 タイトルデザイン。
 ほめてくれてありがとうございます!
 少しずつでも見た目がよくなってるといいなあと思います。
 単に背景+文字だけじゃ寂しいことに気づいて、
 やっとロゴ的な重要性が見えてきたところです。
 
 えあさんの頑張りもちゃんと見てます・・・!
 応援してますよ・・・!
 
 

拍手[4回]

obake:デッドラインのその先で、完成

5月くらいから作っていたゲームですが、
 完成しました。・・・まじか。まじだ!?
 
 ということで、
 「デッドラインのその先で」完成しました!
 現在は主催者様に確認してもらっている最中です。
 主催者さん、全部のゲームを一通り遊んで
 確認されてるそうです。
 まじで頭上がらないわ・・・
 
 投稿したのは「フリゲ展夏the final」という催し。
 ------------------------
 フリゲ展夏the final
 ------------------------
 
 開催は8/14ごろ予定なのでもう少しだけ待っててね。
 わたしも、好きな作者さんが出すとの情報を得てしまったので
 いてもたってもいられない・・・!
 
 さてさて、わたしのゲームがどんなものかは
 来週また説明しようと思いますが、
 ここでは先週書いたのを貼っておきます。
 --------------
 ゲーム紹介
 --------------
 
 
 --
 本日のお題:ゲームの特徴を伝えること
 
 今回のゲームはお化けが出てくるのですけど、
 ホラーゲームでは無いので、怖い要素は特に無いです。
 脅かしはもちろん、
 どんどん登場人物が殺されていくなんて展開はノンノン。
 
 こういうのって、書いておかないと
 伝わらないから難しいなと思いました。
 面白そうだけど、ホラーだと嫌だからやめとこうかな・・・って
 思われちゃうと寂しいので、出来る限り、特徴を伝えられるようになると
 いいなと思いました。
 
 言うまでも無いですけど、これはホラーを否定してるわけじゃなくて。
 あくまで、ホラー要素を求めてない人のためのゲームなのに、
 ホラーを理由に距離を置かれるともったいないな、ってこと。
 
 それと同時に、こんな部分が売りです、力入れました!ってのも
 伝えられるとよいですね。
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 お疲れありがとうございます!完成しました!
 前も言ったようにもう少しだけ見直したい点があるので、
 それはフリゲ展終わって、ふりーむさんとかに出すときをめどに
 追加しようかなって思います。
 
 ホラーゲーム。
 そう、ホラー要素のない、とっても簡単なゲームです。
 上の話、えあさんの言葉もあったけど
 他の方がついったで話してるを見て、
 確かに、お化け=ホラーって可能性を疑うよなあって思いました。
 わたしも遊ぶ側だったらそうですし。
 
 ウディコン。
 そうですよね、熱気を横から感じてるのも面白いけど、
 参加したらもっと面白い・・・!
 タイミングの問題もあるけど、
 いろんな企画に乗っかっていけるよう考えたいなと思います。
 
 ほんと、ずっとエールありがとございました。
 そして最近のえあさんの頑張り見てると
 ほんとすごいなって思います。頑張れリーダー!
 そして適度な息抜きもしつつ、ね。
 だれがそんな暇をくれるかって?大丈夫、わたしが許す!
 
 
 >デッドラインさん
 コメントありがとうごです!
 こっそり見てもらっていたとは光栄な。
 そう、タイトルも決まり無事完成しました!
 
 喜一郎さん。
 魅力があるって言ってくれてありがとうございます!
 本編、もっともっと騒ぎますので楽しみにしていてください!
 今回もイラスト頑張りましたので見てもらえれば嬉しいです。
 
 今年の暑さ。
 お気遣い嬉しい!そちらも、どうかお気をつけて。
 
 
 --
 本日の一枚
 
 
 タイトル画面はこんな感じ。

拍手[3回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne