忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

obake:ステージ4終了部分

ステージ4の終了部分を作っています。
 今回も、操作部分をすっ飛ばしてイベントを優先で。
 いつもどおりではあるんですけど、後が大変そうで今からこわごわ。
 任せたぜ☆未来のcocotori☆
 
 ステージ4は転換点で、最初の目的が果たされる部分です。
 これを終えると、話は少し変化して、
 最後のステージ5へ。
 ここがスムーズに繋がるように頑張りたいと思います。
 
 
 --
 今日のお題:作ろうと決めること
 
 わたしはゲームを作るとき、
 大体主人公の性別年齢層を変えるようにしてます。
 ほんとにそうかな。ちょっと書き出してみます。
 
 虚空に浮かぶ楽園:男 15歳
 break out of:男 13歳
 エレメンティアメンバーズ:男 24歳
 アナザー・トラスト:男 26歳
 locate memory:女 18歳頃
 たゆたう想いのフーガ:男 33歳
 塗りつぶされた箱庭と読み解きの少女:女 16歳
 ドロイドさんとの何気ない会話:女 16歳
 
 まあそれなりに。
 そうしてる理由が、同じ話ばかり作っても面白く無いので、
 いろいろ挑戦してみたいって思いから。
 
 で、今回は壮年のおじちゃんが主人公。
 今までよりぐーんと年齢アップ!未知の制作体験!
 モチベーションも急上昇!・・・と、思ったのですが。
 作り始めて思いました。
 あかん、50歳の心境、わからん(汗)(汗) 
 
 ただ、作り始めて気づいたことがあります。
 他の作品見たり、人の話を聞いたりして、
 ああ、このくらいの歳の人はこういうこと考えてるんだ・・・
 って、今まで気にしなかったことに
 気づくようになりました。
 作り始めなければ気にもしなかったんだと思います。
 そういう意味でも、実際に作り始めるって価値が大きいなあって思いました。
 
 拍手へのお返事
 >Eさん
 
 片道勇者、やっておりますね~
 いろんなフォローさんが参加されてて、
 こちらからでも盛り上がりが感じられます。
 そして出たな、えあさんの集計魔!さすが!
 ついったでもちょっと言いましたけど、
 自分の好きなこと・得意なことで
 催しに貢献できたら素敵ですよね。
 応援してます!
 緑の妖精ちゃんも!
 
 詰まった場合の話。
 前回の話題、反応してくれてありがとうございます。
 そうそう、作る箇所はたくさんあるから、
 一つのところで考えすぎずにできるところから
 作り始めるって大事な方針ですよね。
 どうしても集中しすぎて視野が狭くなっちゃうから、
 広い視野でスケジュール立てるようにしたいです。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 夕暮れ時のピンチ。
 顔グラが右にあるときって、文章が左端からだと遠くて見づらいですよね。
 もうちょい文章を右に寄せようかな。

 

拍手[3回]

PR

obake:ステージ4準備

ステージ4に突入するための準備をしています。
 ステージ3はかなり端折って作ったので、
 見直さないといけない感、強いです。
 まずは全体を見渡せるよう、一連の流れを作るんだ・・・
 
 作り方は人それぞれだと思うけど、
 わたしの場合、大枠をエディタで組み込み始めると
 いろんなアイデアとか構成で気になる点とか出てくるので、
 まずは大枠を作ろうと思います。
 
 
 --
 今日のお題:悩む箇所だぜ
 
 なんとも適当なお題名ですね。
 
 今作ってる所なんですけど、わりと話のつながりが悪くて
 苦労しています。
 とにかく作るのを止めてしまうわけには行かないので、
 とりあえず仮制作にしたり飛ばしたりしながら
 少しでも組み立てて作品の世界観を形にしています。
 
 ほんとはテキストエディタとかとにらめっこしながら
 じっくり考えたいのですけど、
 それをすると今回は時間が無くなりそうで怖いので、
 とにかく手を動かすことにしています。
 でも、形になってきたら、めんどくさがらずに仮部分をしっかり組み直すこと。
 それをしっかり意識して作りたいです。
 
 で、今回これを話題にしたのは、
 他の方は制作で詰まった時どうしてるのか
 聞いてみたいなあと思ったからです。
 
 ストーリーで詰まったら?
 システムが上手く形にならなかったら?
 そういう時にどうしてるのかちょっと聞いてみたくなりました。
 打開する、なんかオススメの方法があれば教えて下さいね♪
 
 ちなみに、わたしの場合、ストーリーに詰まった場合なんですけど、
 キャラを使う、って感じの方法をとってます。
 なんか動きに乏しいなと思ったら、主役以外に、
 なにか遊んでるキャラはいないか、動いてくれそうなキャラはいないかって
 考えながら少しずつしっくり来るストーリーを組み立てるような感じです。
 
 
 拍手へのお返事
 >Eさん
 
 夢
 なるほど~そういうテーマなのですね。
 それは遊ぶのがすごく楽しみ。
 そしてそういう思いを持って制作してるってのが
 すごいと思います。
 それが、えあさんの、何でゲーム作ってるんだの答えの一つに
 なるような気がして。そういう信念の一端が聞けるのは、
 同じくゲーム作ってる身としてとてもうれしいです。
 応援してますよ♪
 
 目的を早めに明かす
 そうですよね。
 プレイヤーさんは作品全体のことを
 最初からわかってるわけじゃないから、
 いくら終盤の方ですごく楽しい展開になったとしても、
 序盤がピンと来なかったら投げ出しちゃかもですもんね。
 肝に銘じて、作りたいと思います。
 
 マップ感想ありがとうござます!
 ほんと、素材さまさまです・・・
 ただ、まだまだ調整前なので、適当部分が多くて。
 頑張って綺麗にお化粧します!
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 この二人の会話ばっかり載せてる気がするので、
 他の子達のも載せたいです。
 もう何人か出てきますよ。

拍手[2回]

obake:2.5話的中間イベント

ステージ2と3の間の部分を作っています。
 ステージ3まで届かんかった・・・!
 今のところゲームの目的、ストーリーの目的が曖昧になってしまっているので、
 少し慣れたくらいで、なるほど、それなら頑張らないといけないな
 と思えるような動機付けをしたいなと思っています。
 なかなか難しい。
 
 一枚絵も必要になってくるので、
 少しずつ書き溜めます。
 書き直すのが怖いので、今は下書きだけ。
 下書きばっか書いてると、色塗りたくなります。
 うーん、がまん。
 
 
 --
 今日のお題:目的
 
 今週、これについてちょっと考えてたので書いてみます。
 これはゲームというよりお話寄りの部分なんだけど、
 主人公たちは何のために戦ってるのか、何が目的なのか。
 その辺を早めに明らかにしてあげると、
 プレイヤーさんのモチベーションに繋がるかなと思いました。
 
 最終的には、悪しき魔王を倒すことが目的なのか。
 それとも、冷血の魔人と囁かれる教授から単位をもらうことが目的なのか。
 そのへんが曖昧だと、いまいち集中出来ないかなと思います。
 いや、わたしがそうなだけなので、道中が面白ければ
 それでいいって方も、いてもいいと思いますけどね。
 
 で、最初から全部情報流すのはわかりにくくなるし、
 ネタバレ的考慮もあるから、全部でなくってもいい。
 1 主人公の村を襲う、ある怪物を倒す事が目的。
 2 倒すと、実はそれは魔王デデドーンの部下だった事が判明した。
 3 調べると、魔王は各地を支配し暗黒の時代を作っていた。
 4 よのため人のため、魔王を倒さなくてはなるまい。
 みたいな。
 
 今回は戦闘システムはないのですけど、軽く敵が襲ってくる状況。
 それを単に撃退するだけじゃなくて、何で彼らは襲ってくるのか?
 元を断つにはどうしたらいいのか?
 をわりとわかりやすい形で表現できたら、と思ってます。
 
 
 拍手へのお返事:
 >Eさん
 
 ティラのフェスすごい盛り上がりですよね。
 参加数100以上?
 こういう企画はプレイヤーさんとしても
 くりえいたさんとしてもありがたいから、感謝です。
 テストプレイも1作だけさせてもらいました♪
 
 フォロワさんも作品出してて
 文章力高いですよね・・・
 わたし、以前は小説書くのに憧れてて、
 レベルの高い文章を読むと、うわーすごいなって思います。
 
 時間なくて遊べたのは、猫になりたいだけなのですけど、
 ほんと、情景が目に浮かぶようなお話でした。
 
 ドロイドさん。
 あばばば。わたしで多才を感じる所なんてありましたかね?
 自分の好きを書いてるだけなので、
 そう言ってもらえると結構驚きで、
 でもとてもうれしいです。
 
 えあさん、えあさん。他の人の事言ってますけど、
 えあさんにはわたし、すごいと感じる所があって、
 夢を感じるところなんです。
 単に作ってて楽しい、ではなくて。
 ドリームゲートのチームも、わたしが思うに、
 かなり技術の高い方々が集まってると思うんですよね。
 それがえあさんと一緒にゲーム作ってるのも、
 その人達の人柄もあるだろうけど、
 えあさんの夢に惹かれたのかな、なんて。そんなことを思います。
 
 外野からかなり勝手な想像で言ってるので、
 全然違ってたらごめんなさいね!
 
 話変わって、面白いゲーム。
 そうですよね、
 自分が面白いと思ったゲームをしっかり見て、
 何を面白いと感じたのか。
 そういう研究が必要かなと思います。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 ステージは、たぶんこういうごちゃごちゃした所を
 さまよう感じになると思います。
 ほんとは穴じゃなくて、いろいろ積み上がってて、
 一見行けそうにないところが実は進める、
 みたいな感じを目指したくはあるのですが。
 もうちょい試行錯誤してみます。

拍手[4回]

obake:ステージ2突入

ゲーム部のイベントをざっと作り、
 ステージ2に突入したところです。
 舞台は学校。現代ものの定番ですよね。
 鬼のような先生軍がナイフのような教科書を
 投げてくるゲームってほんとですか。嘘です。
 
 
 --
 今日のお題:目指すもの
 
 正直これ、全然固まっていないし、
 他のくりえいたさんからしたら笑われるような内容なのかもだけど、
 最近色々考えたことを消えないうちに書き出しときたいなと思います。
 
 わたしって、どんなゲームを目指しているんだろう。
 どんなゲームが好きなんだろう。
 (お話好きなのはもちろんとして)

 こういうのを考えたきっかけが、
 twitterでRPGの戦闘について盛り上がっていたのを聞いたこと。
 例えば、主人公のスキルは多いほうがいいか少ないほうがいいか、など。
 わたしはそれに、ほとんど何も意見を持てなかったんです。
 多くても、少なくても、別にどっちでもよくない・・・?
 なるようにしかならなくない・・・?って。
 
 それを考えたときに、わたしは、自分って
 戦闘を全然重視してないんだなあって思ってしまいました。
 思い入れがない。
 
 じゃあ、戦闘以外の、謎解きが好きか? 探索が好きか?
 って聞かれても、どれも、ゼロじゃないんだけど、ピンと来ない。
 わたしはあくまで、ゲームっぽいものに憧れて、ゲーム作ってるんだろうなって
 その時思いました。
 
 ゲームっぽいものっていうのは、何かしら、自分の意志が反映されて、
 自分の力で道を切り開いたと思わせてくれるもの。
 それには、連打で勝てるような戦闘だって入ると思うんです。
 あまり賛同得られたことは無いけれど。
 
 なんとなく達成感が欲しくて、ゲームを始めて、
 それでも何度もリトライしないと勝てなかったり、
 頭を使わないと先に進めない場面に出くわして。
 せっかく好きな話なのに、泣く泣く諦めた。そんな人っていると思うんです。
 わたしがそうです。

 そういう人が楽しめるような、ゲームを作りたい。
 今のところはそんなことを考えています。
 
 
 拍手へのお返事
 >Eさん
 
 舞台が日本
 意識的に自分が使わないマップを使うのも面白いですよね。
 新しい発見や困難があります。
 歴史ものや現代ものは正解があるから、
 調べず適当に作ると反論されやすいですよね。
 いくらフィクションとしても。
 なかなかリスク高いんでわたしもファンタジー作りがちなのですが、
 いつも同じというのも芸がないので
 たまには挑戦してみたいと思います!
 
 パズルはささやかなものなので、あまり期待しすぎないでネ!

 選択
 重要な選択は他キャラの提案という形で提示する・・・
 おっ、面白いかも。考えて見る余地ありそう。
 いいアイデアありがとうございます!
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 学校。学園!花園!ウッハウハ!にはなりません。
 で、画像のキャラは主人公の娘ちゃん。

拍手[4回]

obake:ステージ1終了

少しずつ作っています。
 最初のステージが終了した所。
 なんとなくのゲームイメージが決まりました。
 2つの世界を行ったり来たりして、
 行けない場所に行ったり、もう一つの世界に影響を及ぼしたりする、
 簡単なパズルを作ります。
 マップ構成力がないので結構苦労しています。あばばば。
 
 全部で5ステージくらいの予定です。
 ステージとステージの合間にストーリーが挟まる感じ。
 
 
 --
 今日のお題:生の体験
 
 舞台に高校が出てくるので作ってて感じたことなんですけど、
 高校ってどんな感じだっけ・・・?って。
 わたしが高校生だったのもかれこれゲフンッゲフンッ
 なので、結構忘れてるんですよね。
 加えて、今の高校生とは時代も違ってて感性も違うんじゃないか、
 そんなことを思います。
 
 当時はテレビなんて金持ちの家しかなくて、
 街角で放映しているプロレスを、家族で見に行ったりしてました。
 ごめんなさい、嘘です。
 
 まあともかく、今だったら自分のスマートフォンで
 youtube見たりしてるわけで、感性だって違うに決まってます。

 こういういい方は嫌なんですけど、
 別の方のゲームでたまに、
 ああ、この人自分の記憶だけで学園もの作ってるなって感じる事があります。
 どうしても古臭くなってしまう。
 
 記憶や当時の体験が全部ダメって言ってるわけじゃないですけど。
 それはそれで、今はもう経験できない貴重な体験なわけなので。
 それはそれとしても、新しい感性を取り込んでいきたいものですね。
 
 
 拍手へのお返事
 >Eさん
 
 YES、OJISAN!
 いろんな主役を作ってみたかったんです。
 初挑戦ですが頑張ります。
 メストレスはお察しの通り人間じゃないです。
 ゲーム舞台はファンタジーじゃなくて現代日本なのですけど、
 一体人間でなければ何者なんでしょう・・・?
 お楽しみに!
 
 体験。
 わおー、えあさんもそう考えてらしたんですね。
 同じような境地に辿りつけたのは、なんか嬉しいです。
 選択肢によって自分の意志を反映させるってのものなるほどです。
 
 これはゲームでなくてもお話単体にも関わると思うんですけど、
 置いてきぼりの展開にならずに、
 没入できる話ってどういうものなんでしょうね。
 これは自分の物語だ、とか、そうでなくても
 主人公に共感できるような。
 
 共感と言っても、一から十までプレイヤーさんの
 思うようには行動しないと思うし、
 それだと驚きがなくて逆につまらないと思うし。
 時には意に沿わなくても、共感できる、
 応援したくなる、そんな話はどうやったら作れるのか。
 そんなものを目指したいです。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 比較的序盤から飛ばしていきます。
 メストレスちゃんは彼の部長ではありません。

拍手[3回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne