忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

obake:ステージ5とりかかり

イラストを一通りかきおえたので、
 残していたステージ制作に移ります。
 ステージはマップづくりとそこで発生するイベント制作とがあって、
 主にマップを優先させます。
 とりあえずステージ4まで終わったので
 最後のステージ5を作っています。
 ステージ2が当初考えたやつでちょっと直したいのですが、
 後回し。
 
 これが終われば、細かい所の修正になっていくはず。
 頑張ります。
 
 --
 本日のお題:ゲーム紹介
 
 いい加減紹介の練習もしときましょう。
 
 ゲームの特徴:
 キャラを操作してシナリオを進めていくお話中心のゲームです。
 要所で表の世界・裏の世界を行ったり来たりしながら目的地にたどり着く、
 簡単なゲームがあります。
 ゲームオーバも特にありません。
 お話し好きな方、難しいゲームが苦手な方に。
 
 
 おはなし:
 男、橘 喜一郎。彼は交通事故で唐突に命を失ってしまう。
 一人娘を残して。
 
 無念のなせる技か、彼は幽霊となって現世に舞い戻ることに成功した。
 ただし、残された時間は1日。
 果たして彼は、娘を救えるのか。
 彼の魂に救いはあるのか。
 
 初夏のある1日の、物語。
 家族の物語。
 
 
 こんな感じです!
 ご期待ください!
 
 
 拍手へのお返事
 >Eさん
 
 サイレント・ヒル!
 超有名なやつですよね。遊んだことはないのですけど。
 メリハリって大事ですよね。いつも集中させると疲れちゃうから、
 気を抜ける部分を作るのも必要なのかも。
 
 スクリーンショットへの反応ありがとうございます!
 ゲーム中、もう何枚かイラスト出てくるので、 
 楽しみにしててくださいね。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 こういう感じの、ミニゲーム。

拍手[6回]

PR

obake:イラスト清書とステージ作成

イベント見直しは最後まで終わり、
 エンディング用の演出、タイトル画面等を作りました。
 タイトルも決まりました。
 題して「デッドラインのその先に」
 
 まだ変えるかもしれませんけどね!
 デッドラインとは?
 そしてその先に一体何があるのか。お楽しみに。
 
 
 --
 本日のお題:残りの作業
 
 残すは
 ・イラストの清書
 ・ステージ4個分
 ・ステージとイベントのつなぎ。少しの会話くらいですませたい。

 ・歩行グラ、マップ等の見直し

 といったところでしょうか。最後のは、最悪公開後でもいいかな。
 
 一応予定通り。
 というか、多少余裕見て見積もったはずなので
 予定通りすぎて少し焦りもありますが。
 ステージ部がイメージ出来てなくて
 不安なところなので、頑張りたいと思います。
 
 フリゲ展夏、本日から投稿が開始されています。
 ついった情報を見ると、すでに投稿されてる方もいらっしゃる感じ。
 締め切りは8/7。
 わたしはおそらくギリギリまで詰めることになりそうです。
 無事、みんなにこのゲームを届けられるよう、
 頑張ります。
 
 
 拍手へのお返事
 >Eさん
 
 会話の作り方。
 そうそう、いきなり完璧な形には出来ないので、
 ざっと流れを作ってからもう一度見なおして
 細かい所を詰めていく、ってのがわたしの作り方です。
 
 制作初期の、キャラの性格も曖昧な状態で会話なんて
 完全には作れなくて、止まってしまう。
 でも、それじゃ進めないので、なんでもいいから流れを作って、
 で、そのうちにキャラの性格も決まってくる。
 そうしたら、見なおして、やっぱりこのキャラは
 こんなこと言わないよなって所を直していく。
 そんな感じで作っています。
 場合によっちゃ流れ自体を変えないと行けないので、
 いつもうまくいくとは限らないですけどね。
 
 別にこれが正解な作り方って事無くて、
 キャラシートみたいなものでしっかり性格を決めてから
 会話を作り出すって方法も、ありなのかなって思います。
 
 暗くする演出。
 視界が狭くなっちゃうと、制限されたって感覚ありますよね。
 ゲームなのに制限されるとなんか嫌だなあと思ってしまう。
 あくまで演出って伝わるくらいの暗さにしようかなと思います。
 
 逆に、制限されることで面白くなるようなゲームはあるのかな。
 普段の行動が禁止されて、新たな行動を模索するようなゲーム?
 考えてみると面白そう。
  
 
 --
 今日の一枚
 
 
 イラストも描き始める・・・!

拍手[2回]

obake:ストーリー見直しフェーズ

ひとまず、穴あき状態でエンディングまで埋めました。
 今はテキトーに埋めてきた会話を見直しつつ
 ステージ3まで終了したとこ。
 ここまではいいんです。ステージ4,5は、テキトーっぷりが大きいので
 修正も大変。
 なんとかこれを来週までに終わらしたいところです。
 
 ミニゲーム部も簡易版のイメージは湧いてきたので、
 とりあえずステージ1のみ作りました。
 ステージ2以降、マップも作らないといけないので大変。
 頑張ります。
 
 
 --
 今日のお題:画面を暗くした時
 
 夜だったり、暗い部屋だったりの演出で
 ゲーム画面を暗くすることってありますよね。 
 演出としてはわかりやすいんだけど、
 見づらくなってしまうのが難しところかなと思います。
 その見づらさも演出の一つだから、たまにはいいけど、
 常に暗いとやっぱりプレイするときにストレスになる。
 
 暗いって情報は伝わるけど、画面としては見やすいような。
 そんな演出があればいいなと思います。
 何かあるかな。ちょっと考えてみます。
 
 
 拍手へのお返事:
 >Eさん
 忘れちゃいけないので、最初に言っときます。
 レビューおめでとうございます!
 えあさんの、新しい表現方法とかいつも考えてるとことか見てて、
 いつか何かには載るだろうなと思ってたので
 それが本当になって、さすがって思います。
 

 フリゲ展。
 ベータ版でも出します!頑張ります!
 家具置き職人も最初は体験版でしたよね。
 それが今回めでたく・・・!
 ほんとにおめでたいです。

 わたしは作品出すとすぐ別の作りたくなっちゃうので
 更新がおざなりになりがちなんですけど、
 ベータ版で出すなら、後からでも
 きちんと満足する形に仕上げたいと思います。
 
 フリゲ展も有難いことにかなりゆるい規定だったと思うので、
 それに恩恵にあずかって期間中に変えていけるかもしれません。
 とにかく、頑張らなきゃ。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 茂みをあさると、そこには。
 お化けが仲間になりたそうな顔で こっちを見ている!
 

拍手[2回]

obake:ステージ5突入

なんとか準備部分を終えて
 ステージ5へ突入しました。
 途中でまた記憶集めたりします。
 
 で、ステージ5はすっ飛ばして
 その後のストーリーを作成しています。
 なんとかエンディングまで持ってきたい。
 
 
 --
 今日のお題:公開への作戦
 
 残りの作業量を計算してみした。
 お話に約2週間。
 イラスト追加・修正に約1週間。
 
 残り日数 1週間。
 システム部はほぼ白紙に近くて、
 これを作れても1週間でやらないといけない。
 かなり厳しいなと思ってます。
 
 いま取りうれる作戦は、
 ・フリゲ展での公開を諦めて、きちんと完成させる
 ・体験版にして、序盤だけしっかり作る
 ・システムをなし・もしくはすごく簡素にして、
  ほぼお話だけのベータ版にする
 
 くらいかなあと思います。
 作り始めたきっかけが、最後らしい?フリゲ展に一回くらい出したかった
 という理由なので、公開見送りだけは避けたい気持ち。
 また、体験版はよっぽどよく出来たものなら続きが気になるけど、
 完成版でも30分程度のささやかなゲームでやることか?と思うし。

 そうすると、なんとかベータ版として仕上げて、
 後々の更新でシステム部までしっかり作って
 完成ってするしかないかなあと思ってます。
 ただ、こんな取り組みも初めてなので果たしてうまくいくのかが
 不安ではあります。
 
 どんな形であろうと諦めず作りたいと思います。
 応援よろしくお願いします♪
 
 
 拍手へのお返事
 >Eさん
 
 片道。
 えあさん、作るほうが好きそうですもんね~
 いろいろやってみて、
 ハマれそうならハマってみればいいんだろうなって思います。
 作るもよし、遊ぶもよし。どちらにしても、
 楽しくやりたいですよね!
 
 キャラの好き嫌い。
 ですよね。誰からも好かれようと思っても
 当たり障りのないキャラが出来上がるだけだし、
 嫌な部分も含めてキャラの魅力。
 魅力あるキャラを作りたいです。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 顔グラも色がつき始めました。

拍手[3回]

obake:ステージ5準備部分

ステージ5の前段階を作っています。
 今まで思いをすべてぶつけるため、
 全部の要素を集めて・・・!
 
 その部分を作りやすくするため、
 はじめの方のステージも見なおしています。
 で、それでようやくキャラの性格が決まってきた感じ。
 今更かよって言われるかもしれないけど、
 わたしの場合、シーンが幾つかできてきた所で、
 ようやく性格が決まってくる感じです。
 こういうシーンがあるなら、こういう性格の方がしっくり来るよなあって。
 
 残り1ヶ月。
 正直かなり厳しいと思ってますが、
 頑張ります。
 
 
 --
 今日のお題:シーンがキャラを作る
 
 これも何回かの話題です。
 キャラの性格って、シーンがなけりゃ伝わらないなあと思います。
 
 例えば、ステータス画面でドジっ娘☆ って書いてあっても、
 それが伝わるようなシーンなり状況がなければ
 設定で終わってしまう。
 シーンってのは会話やイベントだけでなくて、
 例えば戦闘で召喚に失敗して変な生物連れてきちゃうとか、
 そのキャラに宝箱開けさせるとたまに
 えらいことになるとか、伝わるのならどんな形でもいいと思います。
 
 逆にシーンがたくさんあっても、
 芯となる性格が決まっていなかったら、
 ちぐはぐの、その場限りの言動に見えてしまうから
 気をつけないといけないなと思います。
 
 感想で、
 このキャラがこういう理由で好きになれなかったって
 意見をいただいたことがあるんですけど、
 わたしとしてはそのキャラはこういうこういう理由があって
 そんな言動を取っていて。
 好かれてもいいなと思っていたキャラでした。
 そのとき、ああ、シーンによってキャラを
 十分切れなかったなと思いました。
 
 もちろんプレイヤーさんごとに好みはあるので、
 それでも好きになれないキャラってのはいてもいいと思いますけど。
 
 
 拍手へのお返事:
 >Eさん
 妖精さん!
 
 応援ありがとうございます。
 制作、止まらず進んではいるのですが
 なにぶん遅くて・・・弱音吐いても仕方ないので頑張ります!
 
 主人公の年齢。
 とにかく同じもの作りたくないんですよ。
 で、年齢とかいろいろ変えてみたり。
 ただ、設定は違っててもみんなおんなじように
 軽いノリで落ち着きが無かったりして
 年齢感は出せてないなあと思うこの頃。
 設定が設定で終わるんじゃなく、ゲーム中の姿としっくり来るように
 したいなあと思ってます!
 
 twitterでの遊び。
 twitterは多くの人が登録してるから、
 きっと新しくて面白い遊びがまだありますよね。
 ツクールやウディタでじっくりPRG作るのもいいけど、
 そういう新しい遊びにも敏感でいたいですね。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 今作は会話ウィンドウが上下に出るのですが、上下上下と出てくるので
 上→下って会話が続くときと下→上って続くときとあります。
 ゲーム中では順番に読むので問題ないと思いますが、
 スクリーンショットで静止画にしたときにわかりにくかもなあと
 思いました。何かいい案あるかな。
 上の画像は、下→上の場合。

拍手[3回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne