忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294

obake:ステージ1終了

少しずつ作っています。
 最初のステージが終了した所。
 なんとなくのゲームイメージが決まりました。
 2つの世界を行ったり来たりして、
 行けない場所に行ったり、もう一つの世界に影響を及ぼしたりする、
 簡単なパズルを作ります。
 マップ構成力がないので結構苦労しています。あばばば。
 
 全部で5ステージくらいの予定です。
 ステージとステージの合間にストーリーが挟まる感じ。
 
 
 --
 今日のお題:生の体験
 
 舞台に高校が出てくるので作ってて感じたことなんですけど、
 高校ってどんな感じだっけ・・・?って。
 わたしが高校生だったのもかれこれゲフンッゲフンッ
 なので、結構忘れてるんですよね。
 加えて、今の高校生とは時代も違ってて感性も違うんじゃないか、
 そんなことを思います。
 
 当時はテレビなんて金持ちの家しかなくて、
 街角で放映しているプロレスを、家族で見に行ったりしてました。
 ごめんなさい、嘘です。
 
 まあともかく、今だったら自分のスマートフォンで
 youtube見たりしてるわけで、感性だって違うに決まってます。

 こういういい方は嫌なんですけど、
 別の方のゲームでたまに、
 ああ、この人自分の記憶だけで学園もの作ってるなって感じる事があります。
 どうしても古臭くなってしまう。
 
 記憶や当時の体験が全部ダメって言ってるわけじゃないですけど。
 それはそれで、今はもう経験できない貴重な体験なわけなので。
 それはそれとしても、新しい感性を取り込んでいきたいものですね。
 
 
 拍手へのお返事
 >Eさん
 
 YES、OJISAN!
 いろんな主役を作ってみたかったんです。
 初挑戦ですが頑張ります。
 メストレスはお察しの通り人間じゃないです。
 ゲーム舞台はファンタジーじゃなくて現代日本なのですけど、
 一体人間でなければ何者なんでしょう・・・?
 お楽しみに!
 
 体験。
 わおー、えあさんもそう考えてらしたんですね。
 同じような境地に辿りつけたのは、なんか嬉しいです。
 選択肢によって自分の意志を反映させるってのものなるほどです。
 
 これはゲームでなくてもお話単体にも関わると思うんですけど、
 置いてきぼりの展開にならずに、
 没入できる話ってどういうものなんでしょうね。
 これは自分の物語だ、とか、そうでなくても
 主人公に共感できるような。
 
 共感と言っても、一から十までプレイヤーさんの
 思うようには行動しないと思うし、
 それだと驚きがなくて逆につまらないと思うし。
 時には意に沿わなくても、共感できる、
 応援したくなる、そんな話はどうやったら作れるのか。
 そんなものを目指したいです。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 比較的序盤から飛ばしていきます。
 メストレスちゃんは彼の部長ではありません。

拍手[3回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne