忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139

6話:あの日の記憶2

 6話に入りまして、冒頭イベント1を作り終わりました。
 次は冒頭イベント2です。(いくつあるの)
 話の頭に、日常会話を入れてるのですが、こういうのって大事だなあと思います。
 非日常の連続ってお話じゃなけりゃ、ご飯食べたりだべったり、
 そういう日常の場面って必ず出てくる。
 そういうのを作ってくと、とたんにキャラが存在感をますような気がします。


 --
 今日のお題:あの日の記憶2

 珍しく続き物の日記ですよ。
 前回、成長したり新しいことを覚えたりするたびに昔のことを忘れて、
 その時の気持ちもわからなくなる、といったような事を書きました。
 だからこそ、いつまでも忘れずにいたい、って。 

 それで、その直後なんですけど、あるフリーゲームをプレイして、
 真逆の考え方があることを知って、頭をぶん殴られたかのような衝撃を受けました。

 記憶って、どうしたって薄れていくもの。
 だって、それは生き物である以上仕方のないもの。
 だから、記憶を忘れたくないって固執するのは寂しいって。
 (もちろん無理して忘れろってことじゃないけど)

 いずれ忘れてしまうことだから、その時を大切にする。
 そして、新しい思い出を作り上げていく。

 どちらが正しいとかではなくて、
 そういう考え方もできるんだって、涙がでるような思いでした。

 ネタバレになっちゃうからタイトルは言えないけれど、
 そんなゲームに出会えてよかったと思います。

 --
 今日の一枚


 ドキーン。修羅場な雰囲気。それもひとつのcocotor節。
 嘘です。

拍手[0回]

PR

無題
続き物の日記、連載みたい。^^
上のゲームの中身は知らないのだけど、
記憶というと映画で「博士の愛した数式」とか「私の頭の中の消しゴム」など、どちらも記憶を保てなくなるようなもので、見た時に私もどう受け止めたらいいかと強烈に思った記憶があるよー。
極端には「忘れるなら、なんのために生活していけばいいんだろう」のようなことに近いかな?
でも実際にあることだからちょっと殴られる感じだよね。
いや、自分も物忘れよくあるけど…笑
Re:無題
 ああー、その話聞いたことあります。
 そういうのを見たりすると、日々なんとなく生きていることに焦りを感じたりしちゃいますよね。
 でも焦っても仕方ない。少しずつでも進んでいきたいです。
 (そんなふうに思えるほど達観していないのだー)

 記憶のお話だと、アルジャーノンに花束をってお話があって、
 知能に障害のある人が、手術で天才になるんだけど、
 その後・・・っていうお話が印象に残ってます。
 
 記憶って人にとって身近で、それでもいずれすり抜けていくもので、
 はかなさや寂しさ、いろんなことを感じます。
【 管理人cocotori 2013/04/04 00:16】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne