忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146

6話:脇役だから格好いいキャラ

 6話の中間イベント、最後のところです。
 まだ終わってなかったの。
 でも、個人的に良い感じになったのでぐーーっどです。
 最後の最後のとこを作って、またマップに戻ります。

 
 --
 今日のお題:脇役だから格好いいキャラ

 なぜか主人公より人気のあるキャラっていたりしますよね。
 主人公だけが世界を動かすわけじゃないから、すごくいいことだと思います。
 ゲームじゃなくて漫画なんだけど、個人的に主人公よりも好きなのが
 (主人公も好きだけど、それ以上に、という意味で) 
 うしおととらのとら、サザンアイズのハーン君、Fairy Tailのエルザさんなどなど。

 でも、そういう時にその脇役が主人公だったらいいのに、
 というのは違うんじゃないかなあと思います。
 彼らは、脇役だから光れるんじゃないか。
 主人公が悩んだり愚かなことをしてくれるから、
 それをフォローしたり憤ったりして、俺がやる!ってなって活躍できるのではないかと思います。
 例えば完璧な脇役がいて、それがかっこ良くても主人公になったら
 あまり面白くない話になるんじゃないかなあと思います。

 で、それが漫画についての感想。
 ゲームはそれとはまた違ってて。
 よくゲームで言われるのが、主人公は想像の余地を残し、
 脇役はキャラが立てば立つほどいい、なんていい方をする事があると思います。
 個人的にはそれはどうかな?とも思ったり。
 個人的には主人公だとか脇役だとか区別する必要はないと思ってます。
 (主人公がプレイヤーの分身みたいなタイプじゃない場合)

 それって上の話と矛盾するじゃん、と思うかもしれませんがそうじゃなくて。
 主人公と脇役を区別する必要はないけど、
 主人公にするなら、失敗とか、苦しみとか負の面もしっかり書いてあげないとな、
 なんて感じます。


 --
 今日の一枚


 しかし。文章では見かけるけど実際には使わないですよね。
 クラスに一人くらいいたら楽しそう。
 「しかし姫!」(姫ってだれ)

拍手[0回]

PR

脇役さん
かっこいい脇役、いいですね。
脇役というのは、それは主人公から見たからであって、ちゃんと彼自身の人生というものもあります。

物語は主人公のためにあるわけだから、脇役の人生を描く必要は必ずしもあるというわけではない。
でも、描くことで彼の背景が見えるし、物語の深みが増すこともあります。

やりすぎると主軸から脱線してしまう恐れもあるので、見極めとかも大切になってきますね。
Re:脇役さん
 そうそう。ここからはわたしの好みになってしまうけど、
 主人公には主人公たる理由があってほしいなあと思います。
 それは、特別な能力を持ってるとか、ものすごく強いとかそんなのじゃなくて、
 そのストーリーの中でどうしてそのキャラに焦点を当てたのか。
 そのキャラを通して何を伝えたいのか。
 (あくまで物語なので、プレイヤーさんがそれぞれ好きなように解釈してもらえば
 いいのですが。)
 そんなことを決めておきたいなあと思います。

 鋼の錬金術師は、序盤はちゃんと兄弟の物語だったけど、
 終盤、魅力的なキャラが多すぎて誰の物語だったのかな、というのがちょっと希薄で、
 寂しかった感覚があります。
【 管理人cocotori 2013/04/21 08:04】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne