忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165

8話:スイッチの使い方あれこれ

 8話、中間イベントのマップまで用意して、
 その前に必要な外部のイベント製作に移ります。
 同時に2,3箇所の場面で展開するお話って好きなのですが、
 上手にやらないと難しいですね。
 あまり複雑にするとプレイヤーさんがついていけないし、
 逆に、何も考えずに作るとどうしても一方の視点だけを進めがちになってしまう。
 その場合も、作者は一方の視点の裏でこういう動きがあることを知っているけど、
 プレイヤーさんからしたら、突然状況が動いているように見えてしまう。
 たまに時系列表などを作ったりするのですが、あんまうまく行きません。


 --
 今日のお題:スイッチの使い方あれこれ

 たまにはゲーム製作っぽいこと言わないと、わたしが何者かわかりませんね。
 ストーリーテラーか。

 製作にはスイッチや変数がかかせません。宝箱を開けたからスイッチがONになって、
 2度目は中身が取れない、というように。

 わたしはスイッチ(フラグ、とも)を多用します。
 たいていのツールはスイッチ一つ一つに名前を付けられるので、
 この状況がONなのか、OFFなのか、とてもわかりやすいからです。
 また、一つ一つが独立しているので、途中に追加イベントを挟みたいという時でも
 別にスイッチを用意すればいいのでやりやすいという事があります。
 (スイッチ自体の並び順の管理はありますが)

 今はウディタで製作していますが、ウディタには残念ながらスイッチがないようです。
 そのため、変数でイベントを作ります。
 変数でもほぼ同様の事ができますが、
 スイッチ1がON、スイッチ2がONという代わりに、変数1の値が1,2という感じで使います。
 数字になるため、一見ではその数字がイベントのどの状況なのかを判断するのは
 ちょっと大変です。
 別にテキストファイルか何かをつくって、数字と状況の対応表を作るといいですね。
 今そうしています。

 で、ちょっと困るのが数字を一つづつ増やしてイベントを進めているので
 途中に追加イベントが入れにくいことがあります。
 149が5章、150が6章の場合、追加5.5章はどこに入れよう、みたいな。
 で、ふと思ったのが変数を2つ用意して、
 突発イベントはもうひとつの変数を使って判断を行おうかなと思いました。
 (イベントの開始条件は、たいてい複数の変数で判定できる。)
 今度の製作で使ってみますね。

 別に知らなくても問題なく作れるけど、知ってればちょっと役に立つかもしれない、
 そんなチップス。


 --
 今日の一枚

 
 君にわからなければ、誰にもわからない。

拍手[0回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne