忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114

4話ダンジョン右部分

 4話のダンジョンを作ってます。
 タイトルの右部分ってなによ。
 今回は右部分と左部分があるのです。そのうちの右を作成中です。
 (ますますわかりません)


--
 今日のお題:違和感について

 ゲーム製作とか、何かを生み出すときに、違和感って大切にしないといけないなあと思ってます。
 例えば有名なゲームをプレイします。周りの友達とか、ネットでの評判では面白い!感動した!と言っているけれど、
 自分はそうは思えなかったな・・・という事ってありませんか。
 それを、あいつらはわかってない、とか、どうせ自分の感覚はおかしいんだ、でシャットアウトしてしまうのはもったいないなと思います。
 そういう、なんかズレてるなという思い(わたしは違和感って呼んでます)って、確かに存在してて、
 どうしてなんだろうって突き詰めて行けば、きっとなにか新しいものを生み出すヒントになるんじゃないかと信じてます。

 具体的にこれというものがあるわけじゃないんですけどね。
 それでも、例えば、多くの人が感動したというゲームをやってみて、あまり共感できなかったものがあります。
 最後のムービーがよかった、という話なのですが、個人的には今までとのつながりもほとんどなく、
 急に感動的であろうシーンを流されても、共感できなかったのです。

 そうして思ったのは、わたしはシーン一つとか、見せ場がどうとかではなくて(それもしっかりしてるのがいいけど)、
 シナリオ一つ一つのキャラの会話、行動、町の人々のいきいきとした姿、
 そういった、個々の内容が楽しいのが好きなんだろうなあと思うようになりました。
 それからは、そういう個々の内容を疎かにしないように作ることにしています。
 それが受けるかどうかはわからないけど、わたしとおんなじような感覚の持ち主には届くかもしれません。
 (別に新しい作り方というものでもありませんが。)

 評判が高いのもの作り方をまねる製作もいいけど、
 自分の違和感に従って、何か新しいものが生まれないかな、と考えるのも大事じゃないかな、と思いました。

 言うほど大したこともできてないので、頑張ります。


--
 今日の一枚

blog118.jpg
 遺跡。「ばかなァー!、向こう側にはどうやって行けばいいのだあああ!」
 多分cocotoriの中で初めてだと思うんですけど、上に行ったり下に行ったり、入り組んだダンジョンを考えて見みました。
 あなたを心地良い惑わしの空間へ。

拍手[1回]

PR

違和感
そういうの大切ですね。
「どうしてここがおもしろいんだろう?」と考えて理解することができれば、ネタの引き出しが増えることに繋がります。
そうしていけば、より良いゲームを作れるようになっていきますから。
Re:違和感
 考えるのって大事ですよね。
 思考を止めちゃだめ。
 ただただ惰性で作ってても進歩できないなあと感じています。
 頑張らないと、ね。
【 管理人cocotori 2013/02/04 21:38】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne