忍者ブログ
順調なら週1ペースで更新します。コメントいただければ嬉しいです。 拍手コメなら次回の更新時に、commentなら適宜お返事します。 どちらでもお好きな方を選んでください。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク

このブログのスクリーンショットには、以下のサイト様の素材を使用しています。 画像から抜き出しての二次利用は、おやめください。

チョコミントの木
臼井の会
JUNKIE Junk Shop
はじめてのウディタ挫折して再び
アトリエそらくじら
rinnest
たからじま
Ty.com
白螺子屋
エトリエ
CUBE
RPGドット
アトリエ・ピッケル
Loose Leaf
とらねこさんの小屋
最新コメント
[10/23 ぶちょー]
[03/28 ぶちょー]
[01/06 cocotori]
[09/06 ぽてふら]
[08/27 えあてき]
プロフィール

HN:cocotori
ストーリー中心のRPGを中心に作っています。目新しいものではありませんが、ちょっと笑えて元気になれる、そんなゲーム目指して奮闘中。
代表作:エレメンティア・メンバーズ、たゆたう想いのフーガなど
ゲームのDL方法は、サイトの方をご覧くださいませ。

ブログ内検索
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

エレメン12章:都にて

都につきましたので、侵入イベントを作りますよ。
 知識が少ないので城攻めのバリエーションを
 正面衝突か陽動くらいしか書けないのですが、
 もっといろいろ作れるようになりたいなと思います。
 
 城では2個くらいの障害を超えたのち、
 いよいよ対決へ。
 
 
 --
 今日のお題:長編のまとめ方について
 
 長編のまとめ方について色々考えているのですが・・・
 
 最初の悲願とか、目標とか、そういうのがぶれないものは
 盛り上がる方向へ向かうよな、と最近思います。
 知ってる作品で言うと、うしおととらの白面の者とか、
 ニンジャスレイヤーのラオモトカンとか。
 最終決戦の時の、ああ、ついに!って盛り上がりは例えようもないですよね。
 
 そこがぶれてしまうと、例えばまあそいつを倒せば
 世界は平和になるかもなと思うけど、
 何で主人公そんなにがんばってるの?諦めてもいいじゃん・・・って思ったり、
 道中で協力してくれる人を見出したりして、
 みんなのちからが集結するって展開にもなりにくい。
 そんなことを思います。
 
 エレメンはわりと場当たり的に作ってきてしまったので、
 その場の盛り上がりは意識してるんですけど、長編としての、
 と考えるともう少しやりようがあるかなとも思います。
 今更大きな変更は出来ないので、まずはこの形で完成に注力しますけどね。
 
 エレメンはストーリーもシステムも、完成させたら
 もう一度ブラッシュアップさせたいなあとふわっと思っています。
 あっこれは未定ですよ!
 
 まあ長編の作り方もこればっかりではなく、色々あるとは思うので、
 多くの作品を見知って吸収したいです。
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 今の状態(特に、面白くない状態)が続く、って思った時の
 冷めた感覚ってほんとやばいですよね。
 そうはならないように、きっとこの後何かあるなって
 期待が持てるような作品作りをしたいです。
 システム面だと、例えば収集系とかで
 これをコンプリートしたら何かあるぞ、って
 思えるとやる気になりますよね。
 あとは何回に一回とかで収集の合間に何かイベントが発生したり。
 
 絵、見てくれてありがとうございます!
 色の混ざる感じすごく好きなんですよ・・・
 ゲームではわりと色のくっきりした
 アニメ風のイラストが多いように思うし、そっちの方があう気もするけど、
 なんかこういうアナログちっくなイラストも
 どこかで使えないかなって考えています。
 
 う、うまくなってるって言ってくれてありがとうございます!
 そうやって言われたこと、たぶん一度もないので嬉しいです。
 がんばる。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 吹き出し会話でちょっと悩むのが、端っこの処理。
 端っこ行ったら見きれないようウィンドウを
 通常の位置からずらす必要があるのですけど。
 エレメンはちょっとサボって吹き出しの尻尾部分が無いので、
 移動させてしまうと誰が喋ってるかわかりにくいって問題があります。
 この辺、今度は変えるようにしたいな。
 
 とりあえず、マップを外側に広めにとって、
 ウィンドウ位置をずらさなくても済むようにして対応します。

拍手[2回]

PR

エレメン12章:激突部終了

なんとか激突部を作り終えました。
 後は都に向かいます。
 走れフォッグ団。わたしも走りながら作ります。
 PC抱えて徒競走。嘘です。
 
 
 --
 今日のお題:どうなるんだろう、って期待
 
 最近ふわふわと考えていることなのですが。
 作品で、途中で投げないで続きを遊びたくなる特徴って
 何かなって考えた時、
 次に何が起こるんだろうっていう
 わくわく感は大事だよなと思いました。
 
 わたし、短編だと一つないし2つくらいの書きたいテーマについて
 書いてるのでそんなに展開に迷うことは無いのですけど、
 長編だと単にイベントに追われて作っちゃって、
 これってほんとに面白いかな?って思う時があります。
 
 そういうときに、先の展開を知りたくなるような、そんなわくわく感。
 そういうのを表現できるように頑張りたいなと思います。
 それは何も予想外の展開ってことだけじゃなくて。
 王道の、わかりやすい展開でもいい。
 
 ただ、次もどうせダラダラと似たような展開が続くんだろうなって
 飽きさせないような工夫。
 そういうのができるように頑張りたいです。
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 作品のイメージ共有。
 なるほど、元作品を共通イメージにするわけですか。
 そういう指標があるとわかりやすいですよね。
 その場合も人によって見る箇所が違うだろうから簡単にはいかないけど、
 何もないより遥かにいいと思います。
 
 ウディオフ、年に2回もやっていたのか。
 面白そうですね・・・ちょっと積極的に調べてみようと思います。
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 製作の息抜きにお絵かき・・・うぐ、息抜きしてる場合では無いですが、
 息抜きしないと死ぬのでちょいちょい挟ませて。
 色の塗り方をちょっと変えてみました。
 色の混ざり込む感じを表現できるようになりたいなと思います。

拍手[3回]

エレメン12章:まだまだ激突部

ドロイドさん触ってたりしてあまりツクール触れていなかったのですが、
 ようやく少しずつ触れるようになったので
 作っていきます。
 舞台は戦いのシーン。これも早く作り終えないとですね。
 ようやくですけど、そのシーンに必要なキャラ全員を
 登場させることが出来たので、
 あとは動かしていくだけ。
 
 今回、昔の知り合いとかでキャラ同士は初対面じゃないけど
 プレイヤーから見たら初対面って状況が出てきます。
 こういうの、どうなんでしょうね。
 どうしても置いてきぼりの展開にはなりがちだから、工夫しないと。
 
 
 --
 今日のお題:わかりやすさとか
 
 最近遊んだ2つのゲームで対照的なものがあったので、
 ちょっと考えてみたいと思います。
 
 どちらも、専門用語がバリバリ出てくるタイプのもので、
 ともすればプレイヤーを置いてきぼりにしてしまう恐れの
 あるものでした。
 でも、一方はその情報の奔流がかえって楽しくて、
 もう一方は、なんだか意味がわからないままだな、という感じでした。
 
 その違いはどこからくるのか。
 表現力の技術力の違いもあるとは思いますが・・・
 
 一つ感じたのが、
 その、専門用語はわからないのに楽しいと感じた方は、
 キャラクターの感情の動きは一貫していて
 わかりやすかったのですよね。
 全部がわかりやすくする必要はないけど、何か一つでも、
 一貫してわかりやすいものがあると、
 置いてきぼりにならずに熱中できるのかなと思いました。
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 ドリゲは吹き出しタイプですか。
 吹き出し、いいですよね。わたしも多用してます。
 誰が喋ってるかわかりやすいのと、
 いかにも、喋ってる!って感じがいいですよね。
 目線が動いちゃって読みにくくなるのが心配ですが。
 今まで言われたことは無いんですけど、ちょっと気になってます。
 
 ドロイドさん、もっかい読んでくれてありがとうございます!
 ストリエ、結構色々な吹き出し枠があるんですよ。
 ただ、あんまり色々使うとわけわかんなくなるから、
 ここぞというところで印象的な枠使ったりするといいのかなーとか思います。
 よくわかんないですけど。
 この辺、漫画とか参考になりそうですね。勉強したい。
 
 わたしが一人で作ってるのはあれだ、
 すごくはないのだ。
 単に、製作メンバーが他にいないと言うだけなのだ。ぐわ。
 まあそれはそれとして、今のわたしだと、
 イメージの共有を出来ないだろうなってのが
 複数人で作る時の問題点。
 ストーリーをこういう展開にしたい。
 キャラをこういう風にして人間味を出したい。
 イラストのここで感情を出したい。
 プレイヤーさんが、自分で体験して楽しめるようなものにしたい。
 こういうのが、全部わたしの作りたいことになっちゃって、
 他の人にうまくわたせる自信が無いのですよね・・・
 
 そういうところ、共同製作してる方の意見とか聞いてみたいです。
 例えばイラストだったら、何か元イメージや設定を出したりしてるのですか?
 それとも絵担当の方におまかせ?
 
 オフ会。
 ウディオフって定期的にやられてる感じなんですかね。
 わりといつも、いつやってるのか知らないまま、
 終わった後のレポートだけ目にすることが多くて
 タイミングを逃してしまっています。ぐぐぐ。
 わたしもだいぶウディタから離れてしまっているからな。
 今参加すると、ツクールの尖兵として火あぶりにされてしまう(笑)。
 ウディタもバージョン上がったことだし、
 また何か作れたらなあって思います。
 
 しかしこのタイミングでオフ会の話をされるとは
 えあさん、やっぱり神通力を持っているな。
 実はこの前、ストリエの方でオフ会に参加してきました。
 参加者5名のこじんまりとした会でしたが、
 製作のいろんな話聞けて楽しかったです。
 なんでか、暗躍する組織の話と、霊感の話で盛り上がりました。
 あと、ストリエって小説形式だから、やっぱり話題も
 ゲーム畑と若干雰囲気違うんですよ。
 そういうところも面白いです。
 
 --
 今日の一枚
 
 
 ドロイドさんから一枚。
 塗りの感じをちょっと変えてみたのですが、わかりますかね。
 色の混じる感じを表現したいです。

拍手[1回]

エレメン12章:まだまだ激突中

ようやく製作がエレメンに戻ってきたので
 こつこつ作ります。まだ道中の戦いを作っています。
 少しずつスピードを上げていきたい所。
 
 
 --
 今日のお題:心の変わった場所
 
 今回sibling作ってて思ったのが、登場人物の気持ち、
 思いが変わったのをどうやって表現しようかなってこと。
 
 この話も何回もしてますね。まあいいや。
 
 今まで目指していたことを諦めたり、新しい目標が出来たり。
 ずっと拒絶していたものを受け入れたり。
 プレイヤーさんに、「あ、この瞬間にこいつの心は・・・」
 みたいに思ってもらえたらいいなあって思いながら作っています。
 
 クラスチェンジをして、姿が変わって。
 装備できる武器も変わったりして。
 あ、今までと違うんだなって思えるけど。
 心はそうやって見えるものじゃないから、
 仕草ややり取りとかで、変わったんだなって思えるように
 したいなって思います。
 
 小説だとその変化もあくまで文章で勝負しないといけないけど、
 ゲームだったらもう少し使える道具があるから。
 例えば、BGMで。顔グラの変化で。景色の明るさで。
 カットインで。
 いろんな道具を駆使して、変化をドラマチックに演出したいですね。
 
 
 拍手へのお返事
 
 >Eさん
 お、ゲームとストリエで作品の雰囲気が違うって言ってもらえると
 うれしいですね・・・
 特に意識したわけじゃないけど、表現媒体の違いで
 何か雰囲気が変わったのなら面白いです。
 何だろ、地の文かな。
 
 お姉ちゃんのグラフィック、いいですよね・・・
 わたしもお気に入り。一目惚れに近い感じで、
 使わせてもらいました。
 ほんと、魅力的なイラスト描かれる方って
 知らないだけでたくさんいるから、色々見回って
 知っておきたいな、なんて思います。
 
 --
 今日の一枚
 
 
 戦い、そして吹き飛ぶ。楽勝で勝てる相手ばかりではないから、
 苦戦し、傷つきながらも勝利をおさめる。
 そんな戦いを作ってみたいです。
 
 
 せっかく描いたのでもう一枚。
 Hello, my sibling.のイメージイラスト。
 背中合わせのシーン、大好き。
 なんで陽太くん裸足なの・・・!

拍手[2回]

エレメン12章:道中での決戦

ちょっと間があいてしまいましたね。
 風邪引いたりいろいろしてたりしました。
 だいぶよくなったので、そろそろペースが取り戻せるといいな。
 
 この間まで町のイベントを作ってたのですけど、
 そこで登場させる人物について、ちょっと唐突だな、
 このタイミングでその町にいるのは
 距離的に無理があるなと考え直して、
 道中に1イベント挟むことにしました。
 挟むと言ってもこちらのほうが大事な感じになってきたので、
 気合い入れて作りたいところです。
 
 この、位置と時間の問題っていつも頭悩まされるんですよね。
 2日も前に出発した一団に、理由もなく追いついちゃうとか。
 ワープとかできるなら別ですが。
 作った後で、これって変かも、って違和感に気づくことは
 まあ出来なくは無いんですが、それを予め意識して作るのって難しい。
 
 他の方はどうやって作ってるのかな。
 空間や時間経過の丁寧さは結構リアルさにつながると思ってるから、
 意識して作りたい部分です。
 
 
 --
 今日のお題:集合絵の続き
 
 前回に続いて集合絵の話。各作品別に名前を振ってみましたよ。
 
 
 これが全体絵で、
 
 









  
 
 それぞれ並べるとこんな感じ。ほんとはマウスカーソルあてると
 浮き上がる感じにしたかったんですけど、難しいので却下。うぐぐ。
 
 こういうのは自己満の感もあるんですが、なかなか楽しいですね。
 出してないキャラもいることだし、
 また新作作ったら描こうかなとか思っています。
 
 
 拍手へのお返事:
 
 >Eさん
 うでぃこんの集合絵!えんとつさんが描かれてましたよね。
 うでぃこんって作品数多いのによくこの中から、
 すごいなあ、ありがたいなあって思った覚えがあります。
 ツクール界だととりあかさんがフリゲ展のたびに
 集合絵描いてくださってて、
 それもすごいクオリティなので必見です。
 
 cocotori作品。
 残念ながらインスタント姫君、アナザートラスト、
 locate memoryは公開停止になってしまってるのですけど、
 一応ここまで作り続けることが出来ました。
 わたしが好きなゲームを作られる、
 そらくじらさんって方がいるんですけど、
 その方のサイトで「一日分(24時間)の遊びを提供するのが目標」
 みたいな表現を拝見して、見習わないとなって思った覚えがあります。
 11作足しても実は24時間越えないので、まだまだがんばりますよん。
 
 集合絵についてのコメントもありがとうございます♪
 えあさんに言われたから、というわけではありませんが、
 名前表示してみました。
 
 せっかく描いて、自分一人で萌えててもしょうがないですもんね。
 いろいろ伝わりやすい工夫をしてみたいと思います。
 
 
 >ななしさん
 つないで、たどり着いた祈りの歌、
 読んでくださってありがとうございます!
 しかも2周もしてもらったみたいで・・・
 うう、嬉しいっ
 
 物語にはいろいろと心や想いを塗り固めたいと思っていますが、
 わたし自身の人生経験はわりと薄味で、
 実際に体験してきた方からしたら、
 何だこんなもの。偽物だ。って言われないか
 いつも不安に思っています。
 そんなわたしの物語が、少しでも読者さんの実際の体験を通して
 感じるところがあるのなら、ほんとうに嬉しいです。
 
 集合絵も見てくださってありがとうございます!
 
 
 --
 今日の一枚
 
 
 エレメンの方も、作ってる・・・!ちゃんと作ってる!

拍手[2回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne